JUNGLE BASEBALL

はじめて、ボールを握った、あの日に帰れる場所..

【お知らせ】

次回は2023年2月6日(月)19時〜@大田スタジアムにて、軟式球と硬式球のMIXノックスです!

※参加連絡の際に軟式球か硬式球か教えてください!

 試合をしない野球チーム

ボールを使わない

野球教室

もりもり野菜塾

CONTENTS

◉試合をしない野球チーム

投げる。打つ。捕る。そして、走る。はじめてボールを握ったあの日に帰れる場所.. 詳しくはこちら..

◉ボールを使わない野球教室

「ケガに強い選手を目指そう!」上達に必要な基礎体力を育てる。敏捷性、柔軟性、筋力、動作.. 詳しくはこちら..

◉もりもり野菜塾(食育会)

「野菜は元気の源だ!」野菜をたくさん食べて、しなやかで強い体を手に入れよう!  詳しくはこちら..

YouTube『ケガ塾』ATふじわら

動画でスポーツのケガについて解説しています。スポーツ障害外傷の基礎知識を知ることで、少しでも安心してスポーツ活動に集中してもらいたいと思っています。※画像をクリックするとYouTubeチャンネル【『ケガ塾』ATふじわら】を視聴できます。

現在募集中のコンテンツ
①2/6(月)19時[email protected]大田スタジアム『ノックス』



【申し込みフォーム】※お名前の後に①②③いずれかの番号を入力してください。

Japan

プライバシーポリシー を読み、同意しました

ジャングルベースボールとは..

    2013年にアスレチックトレーナーの藤原雅文が中心となり発足しました。「はじめてボールを握ったあの日に帰れる場所..」をコンセプトに、新しい野球の価値観を創造し続けています。楽しむ野球。学べる野球。繋がる野球。参加者は子供から大人、男性も女性も、初心者も経験者もおり、2022年現在、累計参加者は1400名を超えました。

夢は..プロ野球のスタジアムで..

    ジャングルベースボールの夢は、プロ野球のスタジアムで「試合をしない野球チーム」を開催して、その後、みんなで一緒にプロ野球観戦をすることです。
野球は、やっても、みても、最高に楽しくて、いつだって、全てを忘れさせてくれる、愛すべきスポーツなのです。ジャングルベースボールは、共に、夢を叶える仲間を募集しています!

沿革

2013年●ジャングルベースボールを非営利団体として発足。
2014年●1回目の活動は大田スタジアムで開催。
2015年●野球とヨガの組み合わせを実験的に導入し連続満員開催を継続。
2016年●食育会『もりもり野菜塾』を開始。@和西灯(東京都中央区)
2017年●NPB利用施設で最多50人規模開催。@神宮室内練習場での開催を開始。
2017年●デザイン・フェスタ春に参加。@東京ビックサイト
2017年●デザイン・フェスタ夏に参加。@東京ビックサイト
2018年●初の地方開催『試合をしない野球チームin五島列島』@長崎県
2018年●女子プロ野球『埼玉アストライア』の選手とセッション。@神宮室内練習場
2019年●『ボールを使わない野球教室』でパパさんコーチへのレクチャーを開始。
2019年●少年野球チームの選手、父兄、指導者へ『熱中症講座』を開催。@大田区
2020年●軟式野球少年を対象にスタジアムでのプレー経験を提供する練習会を開始。
2021年●コロナ禍で中止が続いておりますが、常に前向きに準備を進めています。
2022年●4月に活動再開し7月は打撃中心の『アットバット』を楽しみました。
2023年○軟式野球と硬式野球のミックスでの活動を2月6日に実施します。

活動場所

◉大田スタジアム(東京都大田区)・神宮外苑室内練習場(東京都港区)・大森スポーツセンター(東京都大田区)・平和島G(東京都大田区)・ボディーライセンス(東京都大田区)・和西灯(東京都中央区)・五島市民公園(長崎県五島市)・六郷土手G(東京都大田区)・六郷緑地G(東京都大田区)・昭和島G(東京都大田区)・二子玉川河川敷G(東京都世田谷区)

藤原雅文

プロフィール

1977年7月27日・東京都大田区・171㎝
73kg・外野手・投手【職業】アスレチックトレーナー

ーメッセージー
  小学3年生の時、はじめてボールを握り、投げました。率直に、ただただ、楽しかった。あれから30年が過ぎた今でも、僕の手のひらは、あの一球目を覚えています。「はじめて、ボールを握った、あの日に帰れる場所..」心の奥底に眠る、あの一球を呼び起す..場所..それが、ジャングルベースボールです。